弁護士紹介

弁護士 古田 宜行 弁護士 古田 宜行

宜行
Noriyuki Furuta

私は、長野県下伊那郡の山村に生まれました。高校卒業後は名古屋市の大学に入学し、その後現在に至るまでの間、いずれも名古屋市で過ごしてきました。弁護士登録後は大島真人法律事務所に勤務弁護士として入所し、大島真人先生の御指導のもとで研鑽を積み、2016年に独立開業をしました。

その後、2017年に事務所を現在の所在地に移転し、今般、司法修習の同期生である天白弁護士との縁に恵まれ、共同して法律事務所を開設するに至りました。これまでの業務においては、主に損害保険分野の事件及び刑事事件に注力してきました。その中で私が常に心がけてきた行動指針は、いかなる立場の方からの依頼であっても分け隔てることなく、全力を尽くして依頼者の正当な利益を実現するということです。困難な事件であっても、熱意をもって、諦めることなく、取り組んでまいります。

略歴

長野県出身

 

2004年

長野県飯田高等学校 卒業

2008年

名古屋大学法学部 卒業

2010年

名古屋大学大学院法学研究科実務法曹養成専攻 修了

2011年

弁護士登録(新64期)

 

大島真人法律事務所入所

2016年

ふるた法律事務所開業

2018年

古田・天白法律事務所開業

主な取扱分野

民事事件、損害保険関連事件、刑事事件

著書・論文

「未了の捜査があるが在宅捜査で足りるとして勾留延長決定が取り消された事例」『季刊刑事弁護』(現代人文社、2015年)所収

『勾留準抗告に取り組む』(現代人文社、2017年)〔愛知県弁護士会刑事弁護委員会編集、第6章担当〕

所属

日本刑法学会、日弁連刑事弁護センター

弁護士 天白 達也 弁護士 天白 達也

達也
Tatsuya Tempaku

私は、三重県四日市市に生まれ、司法試験合格後は、愛知県での司法修習を経て、東京の企業法務を扱う大手法律事務所で執務してきましたが、個人としても法律家としても生まれの地である東海地区で質の高いリーガルサービスを提供したいという思いから、名古屋で業務を開始いたしました。

東京の事務所では、国際訴訟・仲裁チームに所属し、国際的な複雑・大規模紛争から、個人相手の一般民事事件まで、紛争案件を中心に様々な業務を担当してきました。この間、法律上の重大争点を含み最高裁で判断が示された事件や、事実関係の複雑な責任追及訴訟、株主代表訴訟など、法律雑誌や報道でも取り上げられるような重大事件を経験する機会を得られたほか、同僚の弁護士や依頼者にも恵まれ、大変多くの勉強をさせていただきました。

名古屋でも、これまで培ってきた経験を活かして、一つ一つの仕事を、丁寧かつ迅速に対応し、依頼者の思いに応えられるよう尽力させていただきます。

略歴

三重県出身

 

2003年

三重県立四日市高等学校 卒業

2007年

東京大学法学部 卒業

2009年

東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻 修了

2011年

弁護士登録(新64期)

 

西村あさひ法律事務所入所

2018年

古田・天白法律事務所開業

主な取扱分野

民事事件、会社関係紛争、労働事件、不動産事件、一般企業法務

著書・論文

「多数当事者仲裁における仲裁人の選任方法-Dutco事件」『国際仲裁と企業戦略』(有斐閣、2014年)所収〔三木浩一慶應義塾大学教授と共著〕

『債権管理・保全・回収の手引き』(商事法務、2016年)〔共著、第5編3-4章担当〕

『企業労働法実務相談』(商事法務、2019年)〔共著、第1章Q14~16担当〕

セミナー等

「STPワークショップ 法律実務とディベート」(神戸大学法学研究科・法学部シチュエーショナルトレーニング・プログラム主催)

「裁判手続を使った債権回収」(株式会社商事法務 債権管理実務研究会主催)

所属

全日本ディベート連盟(理事)

金城学院大学非常勤講師

日本仲裁人協会

愛知県弁護士会労働法制委員会、同民事弁護委員会

PAGE TOP